« 仮面ライダーディケイド 第19話「終わる旅」感想 | トップページ | E3情報「SCEカンファレンス」編 »

E3情報「任天堂カンファレンス」編

さて現王者とも言える任天堂カンファレンス、どのような発表があったのでしょうか。

E3ntd001

ソフト面では『New スーパーマリオブラザーズ Wii』、『スーパーマリオギャラクシー2』等、
これでもかと言うほどの多数の新作に加え、『Wii Fit Plus』、黄金の太陽DSなどが紹介。
又、ゼルダの新作に関しても少しだけですが触れられていました。
メトロイドの新作が、Team NINJA制作というのは驚きました。

ハード面では事前に合った情報通りで、『Wiiモーションプラス』と『Wii Sports Resort』を併せて紹介。
そしてこちらは事前情報無しでいきなり出てきた指の脈拍を測る『Wiiバイタリティセンサー』が発表されました。
使いどころが限定されそうですがWiiの方向性から考えれば対応ソフト次第で売れる気もします。

E3ntd002_2

なんか健康器具メーカーになりつつある気が……。

……と、まあ、正直言わせて貰えばコレと言った驚きの無かったのは残念。
いたって普通、通年通りのカンファレンスと言ってしまえばそれまでですが
ビックサプライズを多数揃えて撃ちこんで来たMS、SCEと比べてしまうと実に地味、印象に残らないカンファレンスとなってしまいました。
『Wiiモーションプラス』もMSの「PROJECT NATAL」を見た後ではインパクトに欠けますし
『Wiiバイタリティセンサー』も任天堂一人勝ちの一因と言えるスポーツ系ガジェットを、更に後押しするデバイスと言うのは分かるのですが、
管理人のような生粋のゲーマーにとっては興味を惹かれない物であるのも確か。

ただTeam NINJAと任天堂で組んで『メトロイド』はゲーマー心を擽る良い発表でした。
鬼難易度のメトロイドなんてかなり楽しそう。
制作サードで販売任天堂ではどういった売り上げになるかと言った意味でも注目されますね。


その他E3のMS関連記事リンク>
『マリオ』最新作に新デバイスも飛び出した任天堂カンファレンス
Wiiの新作『ゼルダ』は『Motion Plus』専用に!? 任天堂ラウンドテーブルレポ
『マリオ』、『ゼルダ』、『メトロイド』、王道をゆく任天堂発表会


    

.

|

« 仮面ライダーディケイド 第19話「終わる旅」感想 | トップページ | E3情報「SCEカンファレンス」編 »