« E3情報「MSカンファレンス」編 | トップページ | E3情報「任天堂カンファレンス」編 »

仮面ライダーディケイド 第19話「終わる旅」感想

『仮面ライダー響鬼』の”あったかもしれない”もう一つの結末がここに顕現!

前回、原作と同じキャスト使っていながら
キャラが劣化しすぎて今回も不安いっぱい胸いっぱいだったのですが、
いい意味で予想がはずれ実に素晴らしい回だったと思います。

※この先、更にネタバレあり。下のリンクをクリックで続きが開きます

原作のテーマの通り「若者の成長」&「大人から子供への魂の継承」を
しっかりと描くと同時に、原作では無かった「少年が鬼の道を継ぐ」という描写もやってくれて嬉しい限り。
また『響鬼』放映初期の頃には、
今までに居なかった年齢の高い”大人のライダー”だった事もあり、
「2部構成で初代が倒れ、少年が大人になり響鬼を継ぐ展開なんじゃないか」
と言うような予想もファンの間でよく聞かれましたが(実際初期プロットにはその様な案もあったらしい)
実際にその展開が公式で見れるとは……!
斬鬼さん、息吹鬼さんのダメっぷりは残念でしたが、
最後は若者達に感化されて更正、
鬼の皆さん&ディケイドの音撃セッションなんてサービスも見れて大満足でした。



   / ̄ ̄\
 /   ー ー\<それは言わないお約束だろ
 |    ( ●)(●)               ____
. | U   (__人__)            /      \
  |     |r┬-|           ./─    ─  \ 
.  |     `ー'´}  \      / (●) (●)    \
.  ヽ        }     \     |   (__人__)       | <でも例の騒動が無かったら
   ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/   原作響鬼も、きっと今回みたいな
   /    く. \      \  ノ           \    スッキリした後味になってたよね
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  | 






■その他気になるポイントチェック

・闘牛士→カメンライド、リュリュリュリュウキィ!の流れもマタドール=赤のイメージで龍騎なのか?
という風に何と無く理解はしたのですが、直後即効でやられたでゴザルの巻
脚本上何の意味があったのか理解不能なんだぜ。たぶんギャグのつもりなんだろうね、滑ってますが。

・アタックライドNAKERUDEを経なくても普通にアックスフォームにフォームチェンジできた件。

・デビットヒビキさん、違和感はあるが疲れた雰囲気の大人って感じでこの世界に合ってますな。
そんな大人の渋みに当てられてか強盗海東大樹も一目置いてる感じが良かった。

・原作の響さんだったら鬼の力を制御できない所なんて全く想像出来ませんが
このデビットヒビキさんならアリですね。そう考えれば上手いキャスティングでしたな。

・大樹のツンデレフォーム化が顕著に。
素直でストレートな謝意に弱いのか、特に少年に対してはかなりのデレ具合でした。

・ヒビキさんが少年に静かに音撃叉を手渡すシーンで不覚にもウルっと来ました。

・少年、トドロキ、アキラの弟子チームの頑張りが目立ち、
士くんが少しばかり仮面ライダー空気な件。いや士くんも頑張ってたけどね!
けど、この世界は士くんが居なくてもきっと上手く行ってたと思う(^-^;

空気と言えばユウスケは相変わら(ry

・王蛇さんバケガニの封印解く為だけに呼ばれたんすか、ご苦労様っす。
「ここかぁ?祭りの場所は?」が聞けたのは嬉しかったですが、
武器も声も違うので中の人は浅倉では無いっぽいですね。
というか本物の浅倉さんだったら今頃バケガニは美味しく頂かれて、
余ったカニ脚を鳴滝さんに「食うか?」と差し出されていたに違いありません。


・『けいおん!』に負けじと頑張った音撃セッション最高です。

・全ての世界を周り終わり、来週から新展開。
予告で各世界から凶悪そうなライダーが
召喚されてるのが見て取れましたし、一体どうなるのか……待て次週ッ


    

.

|

« E3情報「MSカンファレンス」編 | トップページ | E3情報「任天堂カンファレンス」編 »