« 『ロロナのアトリエ』 ロロナが不憫カワイすぎて夜が短い | トップページ | 何かの検閲に引っ掛かったのかと »

『ロロナのアトリエ』序盤をプレイしての感想、他

日曜は起きて半日『ロロナのアトリエ』三昧でした。
俺は自重を止めるぞジョジョォォォーッ!
さて、序盤(2年目開始頃まで)をプレイした ダメっ子ブリーダー育成記 感想等を。


・まず感じた事は、従来のアトリエ、特にマリーやエリーの頃の柔らかい雰囲気で、
男女どちらでも楽しめそうな世界観。(元々女性ユーザーも多い作品ですし)
またチュートリアルも充実していて親切、アトリエシリーズ初心者の方でも問題なくプレイ出来るかと。
原点回帰と謳ってるだけあって万人が楽しめる仕様ですね。
一方、性質や品質等の今までに無い要素もありやり込み要素もハンパなさそうです。

※下の「続きを読む」をクリックで続きが開きます。

・アトリエ存続の可否に関わる国からの課題は3か月ごとなのですが、
慣れていない序盤は色々することが多く思えて、焦りがち。
しかし実際はかなりの余裕があり、
相当いい加減にやらない限りは、条件を満たずゲームオーバー何て事は無いと思います。

そのため慣れてくると結構自由に行動可能ですね。
ただ確かに「国の課題をクリア」する事自体には余裕がありますが、
色々と手を伸ばすと途端に時間がもっと欲しいと思うように。
あれも作りたい、ここに行きたい、となるので中毒性かなり高いです。
依頼を幾つかこなし慣れて来た所で、
新しい採取場所、新しいレシピ、新しい人物、新しい要素と順々に現れ、
思わず止め時が分からなくなります。徹夜余裕でした。


・無論幾つか気になる点もあり、
「コンテナから直接納品できない」のは不便。
最初は「ロロナがお仕事してる」感を味わえますが段々面倒に。アップデートでの修正が欲しい。
ディフォルメされた3Dキャラも最初は違和感ありますね。
しかしこの点については遊び続けていると、次第に慣れて、
やわらかい世界観にこのカワイイ感じのディフォルメ3Dキャラが合ってる様に思えてきました。
むしろ、それがいい!状態に。
井戸組みとか伸びの仕草とか、色々モテアマスだろ常識的に考えて。


・戦闘についてですが、
戦闘は序盤は意外と苦戦する事も多いです。
それもそのはず、ロロナの戦闘力……

Roronroron002

近所の子供以下……!
最弱……!肉弾戦に期待は出来ない……!
なので必ず仲間を連れて行きましょう。
またロロナ自体の戦闘力は低くても専用コマンドでアイテムを駆使すれば勝機あり。
ウニだ!序盤はウニを投げるんだ!うにー!
回復アイテムとして森キャベツと水だけで練金可能な「キャベツ汁」を作っておくとイイでしょう。
余裕があれば「プレーンパイ」も。

まあしかし、序盤を乗り切れば彼が来てくれますので焦る必要は無し。

Roronroron001

スケさんこと、ステルク登場。
この出会いが後のスケさん無双に繋がることになるとはまだロロナは知る由も無かった……。
いや本当にスケさん頼りになります。序盤の敵はほぼ一撃。
多少強い敵でもスキルを使えば問題なし。
しかも小杉十郎太ボイスなので耳にも優しい。らめぇ、耳から妊娠されられちゃうううう。
唯一の欠点は雇うと掛かるお金が高めなこと。
そこで先ほどの「プレーンパイ」の出番。
仲間に加わる前はこのプレーンパイを要求してくる事が多いみたいなので、
交友度を上げるのに使っちゃって下さい。多少雇い額が値引きされるようになります。


・キャラクターは言うまでも無く魅力タップリ。
本人ダメ人間でかつダメっ子ブリーダーでもあるアストリッド師匠や
名前通りのクーデレ……かと思ったらツンデレだったクーデリア。
声を聞いてるだけでご飯三杯イケるスケさん。etcetc……
その中でも主人公のロロナはやはり別格。
なにこの不憫愛されキャラ。愛おしすぎる。
プレイヤーだけで無く、他のキャラもそう思っているようで、
敵の攻撃から庇ったりするサポートはロロナに対してだけ発揮されます。愛されすぎ。だが気持ちは分かる。

ゲーム内の人物時点でも

Roronroron000

苛められつつ愛されるキャラである事明白。
管理人もテレビの中に入ってロロナをいじめたり愛でたりしてやりたいっ!(へ、変態d(ry
あ、そうだ、マヨナカテレビ今夜試すか……。


    

.

|

« 『ロロナのアトリエ』 ロロナが不憫カワイすぎて夜が短い | トップページ | 何かの検閲に引っ掛かったのかと »