« 忘れた頃の拍手返事 | トップページ | 物欲と雑感・5月26日「ドリクラがCERO”C”でわが目を疑った」記事他 »

PSP版『ペルソナ』クリア

本日PSP版『ペルソナ』セベク編をクリア。
ペルソーナ!

PS版で何度もクリアした作品ですが今でも十分に楽しめました。
レイジを仲間にした事が無かった気がしてレイジ加入ルートで行きましたが、
進めてみると聞いたことあるセリフばかり言うんですよ、これが。
つまりレイジ仲間にしてのクリアもしてた訳ですね。10年前の事だからすっかり忘却の彼方でしたよ。
南条くんは相変わらずイイキャラしてます。

思わず主人公名に本名入力を久しぶりにしてしまったり、
「ああこのセリフ覚えてる覚えてる!」となったり、サトミタダシのテーマに再び洗脳されてみたりと、
何だか昔を思い出して、あの頃持っていた情熱がフツフツと湧き上がってきそうな気分でプレイ。
ペルソナやってると「青春の辞書に失敗の言葉無し」青臭い先人の言葉を信じてみたくなりますね。

ストーリー性は今プレイすると淡白ですが、語り過ぎず、
仲間や人々の会話から意味を汲み取ってプレイヤーの中で話を組み立てて考えるタイプなので、
殆ど会話をしないで話を進ませることも可能。
(まず居ないでしょうが)人によってはノモラカ・タノママという重要な言葉の意味さえ知らずに終われるのも面白い所です。
また主人公が喋らないことも手伝ってか、プレイヤーの”ゲームへの没入感”という意味では
今主流のストーリー語り重視のゲームと一線を画する所があります。

Persona101

リプレイオート、キャラ別設定オート等があってオートマンセー。
でも、オートは楽だけど初見の敵には使うなよ?絶対使うなよ?!
とフラグを立てるまでもなく油断して反射→死亡はよくある事でした。


◆PS版との違い
◇難易度が全体的にPS版と比べて抑えられています。
 歩けば即エンカウントだったよのがエンカウント率かなり低下。
 またPS版では一度始めたら数時間は
 「あん?リセットなんか認めねーよ?」という漢仕様でしたが
 セーブポイント大量追加、中断セーブ機能つきで気軽に遊べるように。
 ペルソナランクも上がりやすくなった気がします。

 Persona100
 
  悪いの悪いの飛んでいけー!
 そしてあこぎな商売に定評があったトリッシュも心を入れ替えて良心価格に。
◇インターフェイスの改良、及び戦闘が高速化されています。
◇一番良く分かるの変更点はBGMのアレンジ及び追加。
 これには賛否あるようですが個人的には良く合っていると思います。
 特に戦闘曲は耳に残って口ずさみたくなります。
 ただPS版とリメイク版でBGM選択があればもっと良かったですね。



ちなみにクリア時の状態は

主人公 (LV77) ムチャリンダ
麻希  (LV75) ラクシュミ
南城くん(LV73) ヤマオカ
マーク   (LV71) アールマティ
レイジ   (LV72) バルバトス

ラスボス戦時にはヒロエスグリュペインを使うため主人公はアメン・ラー、
麻希は刹那五月雨撃のためウシャスに。
あとは速が低いキャラのレベルアップ用としてヴィゾフニル(潜在復活で強化済)なんかを使ってましたね。

レベル上げすぎてラスボス弱く感じる罠。
P1は育てるのが楽しすぎてついついレベルアップに勤しんじゃうんですよねー。


とにかく懐かしい&楽しかった。
「雪の女王編」も時間があればやりたい所。


    

.

|

« 忘れた頃の拍手返事 | トップページ | 物欲と雑感・5月26日「ドリクラがCERO”C”でわが目を疑った」記事他 »