« 『レッスルエンジェルス・サバイバー2』 プレイ日記:16 | トップページ | 本日もノンストップ雑記&物欲 5月8日分 »

『デモンズソウル』ゆっくりプレイ日記6「嵐の祭祀場と神殿のニート戦士」編

前回のあらすじ。

「白騎士物語をぶっ壊し、いよいよ場内へ、
と、思ったら、
Dms0027_2
ご覧の有様だよ。
でも俺達の冒険はこれからだ!うおおおお!」




多少間が空いてしまいましたが『デモンズソウル』ゆっくりプレイ日記再開致します。

Dms0028

さて、城の奥へ行くのは一旦諦めたので、次の冒険の舞台を決めねばなりません。
「腐れ谷」はネーミングからしてヤバイ感じがするし、
「塔のラトリア」は過去の経験からゲームで「塔」=危険と脳内に刷り込まれている事もあり、
せっかくだから俺はこの「嵐の祭祀場」を選ぶぜ!

※この先ネタバレあり。続きは下の「続きを読む」からどうぞ。

Dms0029

すごく……殺風景です。
荒れ果てた城壁、なんかデカイ鳥も飛んで死肉でも漁ってる雰囲気。
でもでも空が開けてるだけで開放感タップリ、ルンルン気分でレッツゴゥ!
などと、どんよりと鉛色の空を見てもそう思ってしまう辺り、私もすっかりデモンズ脳。


「嵐の祭祀場」では開始早々でっかいスケルトンさんお出迎えしてくれました。
互いに見つめ合う事5秒。
俺達は恋に落ちた。
凄い勢いで突っ込んできました。前転しながら。
ちょ・・・!待って!まだ心の準備が!?
前転しながら間合を詰めるとは、お前はフェリシアか!?
なんて突っ込む暇さえありません。
というかフェリシアとかそんな可愛げのあるものじゃ無いです。
むしろアレです。
ギュルギュルとすごい勢いで転がって攻撃するアレ。
アレ、ほら、なんて言うだっけ……。
あっ。
コレだーッ!

  
 
Etcn006_3

超必殺飛鳥文化アタック。
スケルトンさんから実際食らってみて分かったのですが、これすごく痛いYO!
流石歴史上の偉人が編み出した技、ハンパないっす。
漫画上でもまともに決まっていれば今頃は妹子も天に召されていたはず。
そんな訳で、

Dms0031

手前の幻影さんが温かく見守って入れている中、
飛鳥文化アタックに恐れ慄き逃走を試みる図。

まあビビらず落ち着いて盾で防御すれば問題なかったんですがね。
それに気が付いたら撃破余裕でした。
初見の敵だと、どうしても慌てて何時もと違う行動して仕舞いがちです。
今後注意して進むことにしましょう。




相変わらずおっかなびっくり少しづつ進んで行くと。
……ヤツだ!
チュートリアルで瞬殺してくれたヤツがいた!
そうあのドラクエのブオーン似のヤツです!
ここであったが百年目。
ジャンプ漫画のキャラ並みに劇的進化を果たした我が分身ゴーグルの力を見よ!

火線!火線!火線!火線!  えぇぇ~!?Σ(゚д゚;)

なんというヘタレっぷり!こいつぁ間違いなくチキン!
でも気にしてないです。だって命あってのものだねだもの。
エリア88でも「その腰ぬけぶり、頼もしいぞ」って言ってたし。
お陰でリベンジ成功しました。
ヘタレプレイマンセー。




Dms0032_3

エイが飛んどる……
アレと契約したら相手の武器コピーできる技とか使えるんだろうか?
でもファイナルベント微妙だよね!

とか考えつつ先へと進みます、が、
あぶ!あぶな!
針飛ばすな!エイ針飛ばすな!いた!いたた!結構痛い!
ああああ、そうこうしてるうちに骸骨さんイラッシャイ!(死

お陰でさっくり死ねました。
安西先生……エイを排除したいです……。
建物の影に隠れればダメージ受け無いんですが、
攻撃エフェクトが壁を貫通してくるので一々ビビリます。
音もでかいので、悔しい!けど驚いちゃう!ビックビク。
放置してると邪魔なことこの上ないので一匹ずつ排除しながら進むことにします。
火線は動いてる相手には当たりずらいので弓で撃破。




スケルトンさんやエビルダイバーさんと小一時間戯れていたその時……
黒いファントムに初進入される。

ついに来たか!
さあかかって来い!!!
とは間違っても思いませんでした。
あ、うぇ、これどーすれば?
うわドキドキしてきた。
って、ああああ、もう目の前に来てますよ?
チャットは出来ないけど一礼するのが礼儀か?ノーブリスオブルージュ的に!!
えーとジェスチャーのとり方は……ま、○ボタン?
せ、説明書をy……ぐえー。
挨拶がわりのキツイ一撃ありがとうございます。

そうだよねー。
相手は殺す気で来てるんだしフレンドリーな対応してる場合じゃないよねー?

宜しい!ならば闘争だ!
「オレァクサムヲムッコロス!!」
相手は、ミルドハンマーのチョットクセのある攻撃に
慣れていないのか、面白いように食らってくださいます。
慌てたのか黒ファントムさんが後を向いて遁走し始めたので、コチラも慌てて火線を目測で発射。
移動してる相手に当てること難しいのに、目測で当てろだと……?
ええい、ダメ元だ!食らえ昇竜突破あああ!(←ただの火線です
あ。
当たった。
燃えた。


                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     祝  ・ 初 勝 利        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ



勝った!第三部完!
最後の一撃は運が良かっただけですが勝ちは勝ち。
その後もう一度侵入されましたが、これも撃退。
自分でもびっくり。業界用語でクリビツ。
アタフタしながらも良く頑張った。
自分を「よーしよしよしよしよしよしよしよし」とチョコ先生みたいに褒めてあげたい。
うむ!連勝でテンションも上がってきた!
探索も初見トラップを奇跡の反応速度で回避したりと嘘のように順調。
生身の体での生活時間も大幅に更新です。
飛鳥文化アタックにも慣れ、もはや脅威では無い!
待っているが良いデーモンよ!
この勢いで貴様の首を火防タンにお土産として持ち帰ってやるわ!




Etcn0012_2

※デモンズソウルで調子コイてはいけません。
ちょっと調子に乗るとすぐコレだよ!
王大人死亡確認!
死因は惚れ惚れするほど見事な崖からのダイブでした。





Dms0033

嵐の祭祀場、最初のデーモンさん。
「ベロベロなめてやるね!お前の血をこの素早い舌でなぁヘッヘッヘ~ッ!」
という感じでJOJO1部のワンチェンのように舌を伸ばして攻撃してきます。
だが!しかし!
貴様と同じ土俵に立つ気はない!俺は上!お前は下!
チクチク射ってやるね!お前の頭をこの素早い弓でなぁヘッヘッヘ~ッ!
左右に動きながら弓連射で撃破余裕でした。
まあ最初5回ほど死んでますが。



デーモン撃破し、イイ感じで次回に続きたかったのですが、
最後に悲しいお知らせ。
神殿内の井戸端会議のお相手の一人、
ニート戦士のソウルがいつのまにやら消滅しました。

この人
 ↓
Dms0001

うわああああああああああ!!ニート戦士いいいいい!!

確かに最近話しかけても、情緒不安定というか
妙な言動することが多かったのですが、まさかソウル消滅とは。
プレイ初っ端からテンション下がる言動で
デモンズソウルのなんたるかを表してくれたのもイイ思い出。
彼は自らの魂と引き換えに「引きこもり健康にイクナイ!」という事を我々に伝えてくれたのです。
分かったよニート戦士……、
俺、幾ら怖くても神殿に引き籠るのやめにするよ……。


そんな誓いを胸に秘めながら次回「腐れ谷編」へ。



    



.

|

« 『レッスルエンジェルス・サバイバー2』 プレイ日記:16 | トップページ | 本日もノンストップ雑記&物欲 5月8日分 »