« いらっしゃい、すりーさん | トップページ | 本日もノンストップ雑記&物欲 5月12日分 »

仮面ライダーディケイド 第16話「警告・カブト暴走中」 感想

ジェイルロックハウスのスタンド攻撃を食らった為に15話の感想忘れてました。
15話だけ放置は何なので簡潔に感想を。
ユウスケが久しぶりにクウガに……アッー!
すごく・・・デンガッシャーです・・・。

以上、15話の感想でした。
続けて16話の感想行きます。今週からカブトの世界ですね。
チートっぽいクロップアップにどう対応するのか、はてさて。

※ネタバレあり、下のリンクをクリックで続きが開きます

-----------------------------------------------------------

・今回の士コスプレはゼクトルーパー。
予想通りすぎて普通だなと思ってしまう私は脳みそ沸いてるんでしょうか?
そして東京タワーみてはしゃぐ夏ミカン。おのぼりさんか!

・白いゼクトルーパーはシロアリですね。わかります。
能力無いのに予算ばっかり食っていつかゼクトを食いつぶすんだね、きっと。

・ザビーの中身ががアイパッチ博士。

・この世界のカブトは絶えず高速で動いているらしく、存在は確認されているものの誰も視認できない様子。
だとするとカブトにとって1日が尋常じゃない長さになってるな。
サイボーグ009でそんな話しあったのを思い出しました。

・その視認できないカブトが通行人の娘Aをワームから守ったように見えたと言う夏ミカン。
な、なんだってー!!??
あなた高速移動のカブトが見えたと言うのですか・・・夏ミカンさんハンパねぇー!

・原典カブトではついに出てこなかったおばあちゃん登場。
「世の中には慌てて飲み込んじゃいけない物が二つある。テレビの言う事とお正月のお餅だ。」
さすがおばあちゃん、TV番組で普通は言わないことを言ってのける。ソコに痺れる憧れるぅーッ!
ちなみに天道性ではなく天堂らしいです。えー、天の道じゃないのか・・・。

・先ほどカブトが人知れず助けた通行人の娘Aが原典で言う所のひよりポジ・・・ション・・・
……え?ひより……?
なんか随分と劣k・・・ゲフンゲフン。いや良く見るとかわいいよね!ボクっ子じゃないけどいいよね!

・クロックアップしたワームにはディケイドといえども苦戦します。
そこで取った手は、意外!それはクウガペガサスフォーム!
なるほど超感覚で動きを察知したわけですか、ペガサスボウガンはどっから持ってきたのん?
という突っ込みはこの際、野暮と言う物。こういう燃える展開の場合こまけぇことはいいんだよ!
この発想は意外と思いつかなかったです。脚本家GJ!

・それにしてもクウガの能力は士くんが変身したときが一番発揮されるね!
それに比べて本来のクウガであるユウスケは……(;´Д⊂

・ゼクトと敵対することとなったディケイド、前回ゲットした電王勢のカードで葛葉アタックライドウ!


  |l、{   j} /,,ィ//|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     | あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |     < 『電王のカードをARしたら
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.    |  いつの間にか俺参上のポーズを決めていた』
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   | 最初からクライマックスだとか超スピードだとか
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.   | そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. │ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ \____________________


なんというネタカード……。
というか全部のカードがネタとか……。
ある意味優遇されすぎです電王!!
「ORE-SANJYOU」から「NAKERUDE」までの流れで大爆笑ですな。
ことごとくギャグが滑っていた原典のカブトなど比較にならない切れ味。今回本当に脚本いい仕事です。

・ディエンドさんツンデレ化計画実行中。べ、別に心配になって助けに入ったわけじゃなんだからね!

・ディエンドでも対処できないクロックアップはマジでチートですね。
仕方無しにライオトルーパーを供物として差し出すディエンド。ライオトルーパー何気に出番多いな……。
その間にインビジブルで消えるディエンド。
お、これも決定的な対処法にはなりませんが良い手ですね。

・そして平成ライダーファンが待ち望んでいた
「ファイズアクセルフォーム」VS「クロックアップ」の対決が今!
勝負はほぼ互角!
第三者視点から見た超スピードバトルからスローで見せる演出も素晴らしく、燃えざる得ないだろJK。
スペックから考えれば確かアクセルの方が早くてパワーもあると思うんですが
スペック通りの戦いにならないのは特撮では良くあること。なので笑いながら突っ込むだけに留めましょう。

・アイパッチ博士が実は天道ポジション・・・だと・・・?
ぼっちゃまみたいにワームが自分の記憶と勘違いして人間として生活してるパターンですかね?
で、正体がまだ見えぬカブトの中身が偽ひよりの兄、本物の天堂かな。
という様な予想は立てられるんですがコレが当たっても外れても面白いな。
いやいや本当にどうしちゃったの脚本!この調子で残りも頼みます。

・前回は別のベクトルに輝いていたユウスケはいつものポジションに。
つまり仮面ライダー・クウキに。
俺の嫁、キバーラも空気だったよ・・・・・・。

-----------------------------------------------------------

今回脚本面でも演出面でも素晴らしく面白かった件。
いつもはツッコミ所を探す方に気が回るのに純粋に話に引き込まれました。
いいよ、いいよー!


またクロックアップがやはりチートだと分かったと同時に、
決して対処が出来ない訳ではない事も分かりましたね。その辺の演出も良かった。
で、各ライダーがどうやったらクロックアップに対処できるか考えると、

【クウガ】
ペガサスフォームの超感覚で位置特定、先読み。相手に警戒されると厳しいか?

【アギト】
フレイムフォームでクウガと同じ戦術が取れそう。

【龍騎】
これも微妙にチートなミラーワールドへ引きこもり&奇襲。ストレンジベントからのクリアやアクセルでも対処できそう。
ちなみにオルタナティブゼロこと教授ならアクセル&「その攻撃はスデに覚えた」で余裕。

【剣】
マッハ、メタル、タイムでムッコロが可能。
実はオンドゥルが一番クロックアップに対抗できそうな気が。
でも中の人補正で負ける公算も大きいのであった( 0w0)<ウェーイ

【響鬼】
鍛えてます。シュ!で全て対応。
いやマジメな話、響鬼勢は素の性能が高すぎなのでカブト勢の攻撃受けてもダメージ通らないっぽい。

【電王】
……考え付かない。無理ゲゲル。
泣けるでぇえええええええええ!!

【キバ】
バッシャーがあるじゃない!……微妙に使えないフラグが立ちそうですが。



次回もまだカブトの世界。
次はどんな方法でクロックアップに対抗してくれるのか視聴の楽しみが増えましたね。



    

.

|

« いらっしゃい、すりーさん | トップページ | 本日もノンストップ雑記&物欲 5月12日分 »