« 本日もノンストップ雑記&物欲 5月16日分 | トップページ | チームICOの最新作?『TORICO』トレイラー流出?という話 »

仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」 感想

前回に引き続きカブトの世界。
今回もどんなクロックアップ対策で視聴者を楽しませてくれるか楽しみです。
そしてユウスケにが変身するのがクウキなのかクウガなのかも注目です。

※ネタバレあり、下のリンクをクリックで続きが開きます


-----------------------------------------------------------

・サブタイが”おばあちゃん味の素”に一瞬見えたのは私だけでいい。

・アイパッチ博士が実は天道ポジションであったことを知り驚くディケイド一行&視聴者。
あの駄目ップリ、むしろ矢車さんとか影山辺りのポジションかと思ったわ!

・孫が生きていようが何処吹く風、おばあちゃんは今日もおでんを仕込みます。
おにぎりうめぇ!おでんうめぇ!
おばあちゃん全てを知っている雰囲気がバンバン出ていますね。せがさん並に大物です。

・お兄ちゃん探しに出かける妹マユとソレに付き合う夏ミカン。
出番少ないように思える夏ミカンだけど、それでもちょくちょく出てくるのでユウスケよりもよっぽどマシです。
そんな夏ミカン&マユを襲うワーム。へ、変態だー!(昆虫的な意味で)

・お約束どおりマユを助けに洗われるカブト、それを見越して待っていた大樹。
クロックアップシステムが欲しいようですが、以前召喚したサソードとかはクロックアップ使えなかったのでしょうかね?
それとも自身で試してみないと嫌だとか?子供か!!

・さーて、今週のサザ……げふんげふん、今週のディエンド召喚ライダーは?
イクサ&サイガ登場!
ってイクサ喋ってるぅぅぅぅうう!?というか名護さん!?
ディエンド召喚ライダーは人形も同然かと思っていたけど喋ってしかもオリジナル中の人とは……
まあ人格を模しただけの別人でしょうけど。それにしても実に名護さんらしいセリフを吐くなw
サイガも怪しい英語でキャラ立ってます。

・今回のクロックアップ対策は弾幕を面で貼れば足止められて姿確認できるんじゃね?作戦。
結局負けたけどね!!
ディエンドも相当チートだと思ってましたがクロックアップにはまともに対抗できないのか。カブトTUEEEですね。
ただ弾幕作戦ももう少し工夫すればいい手だとは思います。

・実はマユはワームだったんだよ!
な、なんだってー!?
…・・・まあ、ぶっちゃけ視聴者の誰も驚かなかったとは思いますが。
でも小さい子はビックリするからいいんです。「なにこのワーム、デザイン、グロ!」って。(えぇ~)

・誰よりも驚愕したのはマユ本人。
そりゃ思いますよね「何でもう少しカワイイデザインじゃないのよ!」って(えぇ~)

・偽天堂ことソウが現れ、俺もこんなデザインだよグロイのはお前だけじゃないよ!
という心の声&兄弟の絆てきな何かでマユを信用させます。
ま、お約束の展開として当然、マユは騙されてるんですけどね!王道サイコー!

・原典のカガミンと同じく、人のいいアラタはマユをエサにカブトを誘き寄せるソウの作戦を良しとせず、士たちの元へ訪れて助けを求めます。
その後、彼の姿を見た視聴者はいなかった……
このカブト世界でもカダック役に立たないのか!今こそアタックライドNAKERUDEを使う時!

・のこのこマユを助けに現れたカブトに対し、今週のビックリドッキリメカ発動。
クロックアップ不可能な状態にされるカブトはワームとしての正体を現したソウにフルボッコ。よわっ!
クロックアップが無いカブトなどゴッグがハイゴックになったようなものだな!という事が良く分かりました。
カブト系ライダーは基本スペック自体はたいして高くないのでしょうがないです。
これが本物の天道さんなら話は違ってきたでしょうが。

・それにしてもゼクト、ワーム入り込みすぎ。
入隊審査はもっとシッカリやったほうが良いと思います。

・カブトの変身が解けて中からおばあちゃんが!
……という超展開は無く、ふつーにマユの兄が出てきました。状況が分からず混乱するマユ。
と、そこへ駆けつけた士くん、決めポーズ取りながら
「おばあちゃんが言っていた……。
ツユの味は見た目だけでは分からないってな。見かけに騙されるな。」

ちょ……!せっかく出てきた本物のソウジのセリフ取るなっ!
カブトの決め台詞さえ奪う。ディケイド、悪魔め!(久し振りに言った)

・クロックアップから抜け出せなくなり、
人と触れ合う事もなくなった孤独な世界でマユを守る戦いを続けていたソウジ。
原典の天道さんのような何でも超人じゃないけど、カッコいいぜソウジお兄ちゃん!
コチラの存在を誰も気がつかないって辛そうだよね。想像したらちょっとウルっとキタちゃったぜ。

・兄弟の感動の再会シーンが終わるのを空気を呼んで待っていたソウ改め、フィロキセラワームとの戦闘開始。
クロックダウンシステムはカブトにだけ有効らしく、普通にクロックアップ使ってきます。反則です。
ディケイドの今回のクロックアップ対策は「イリュージョン」・・・だと・・・?
数が増えたくらいで対応できるものなんでしょうか?
そんな疑問も浮かびましたが、難なくフィロキセラに攻撃を当てるディケイド。
パターンを覚えたみたいなこと言ってましたが、そんな理由でいいのか?
しかしはっきりした事は、一度見た攻撃パターンは喰らわない教授最強ということですね。わかります。
オルタ・ゼロの出番マダー?

・カブトのFFRきたー!
誰もが予想した通り巨大なカブトゼクターに変形です。
……ん?ちょっと待ってほしい。それってクウガのFFRと被っていやしないか?
い、いや、クウガはクワガタだし、挟めるし!被ってないよね!これ以上空気化なんて心配ないよ!

・クロックダウンシステムとフィロキセラを撃破したソウジは再び加速した時間の流れる世界へ。
変身解除しててもクロックアップしたままなのか……。
駆け寄るマユへ微笑みかけ消えるソウジ。ちくしょうカッコいいぜ。

・自分の正体がワームなのに受け入れてくれるか心配してたマユですが、
おばあちゃんは温かく迎えます。お兄ちゃんもいつか帰ってくるかもしれないというマユに
「いつだってここにいるよ」というおばあちゃん。イイハナシダナー(;ω;)

・チートぶりがなりを潜め良い所無しで落ち込む大樹に士くんが
「大航海時代に、かのバスコ・ダ・ガマが命懸けで探し求め、金と同じ値段で取引された」
伝説のスパイスを渡してあげます。

胡椒貰って大喜びの大樹。「YES!」ってオマエ……
いよいよヘタレ化の兆候が始まったようで心配なような楽しみなような。

今回もユウスケは仮面ライダー・クウキに華麗に変身してました。
士くんが主人公的な行動を取るようになって本当に影が薄くなってきました。
ディエンドのアホ化やヘタレ化よりクウガのネタ化が目下最大の心配事項です。

・キバーラCG使ってもらって大ハシャギ。

・次はいよいよ最後の世界となる「響鬼の世界」。
って、鳴滝さんが音撃叉を持って……!?
まさか鳴滝さん鬼なの!?鳴滝鬼ってことなの!?

-----------------------------------------------------------

平成ライダーのパラレル世界をめぐる旅も次が最後。
バイク乗るより走った方が早い鬼の皆さんの身体能力がどう表現されるかワクワク。
次回予告見ると斬鬼さんや轟鬼はオリジナルキャストっぽい!すげええ!
でも大人の思考が出来ない鬼の皆さんなんて見たくないのですよ?
その辺分ってくれてるよね?脚本ガンバレ、マジがんばれ。
ところで響鬼さんらしき人がデビット伊東なんですが……?
なんか凄く心配になってきた……。どうなるんだ……。

一つ分かってるのは、この響さんでは
士くんにマジ説教という夢のシュチエーションは期待できそうもない。



    

.

|

« 本日もノンストップ雑記&物欲 5月16日分 | トップページ | チームICOの最新作?『TORICO』トレイラー流出?という話 »