« 『アマガミ』オフィシャルコンプリートガイド | トップページ | 毎月のことながら »

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」 感想

笑いのツボ設定は数話で消える。
そう考えてきた時期が俺にもありました。

でも今のところ消えてない!消えてないよ!
このまま最終話まで残って欲しい所。
で、ラスボスの弱点は笑いのツボだったぁーッ!となる展開を希望(えぇー

※ネタバレあり、下のリンクをクリックで続きが開きます

--------------------------------------------------------

・Eじゃん、スゲーじゃん!という事で今回から電王の世界。
予告を見るとオリジナル電王のキャストの存在が確認できましたが、果たして。

・士くん今回のコスプレは大正浪漫が薫る出で立ち。
公式によれば「旅人風」らしいですがどちらかと言えば探偵っぽく見えます。
どうせ鉄道で旅というならメーテル風にすればよかったのに。きっと似合う。

・衣装を探るとデンライナーのチケットが出て来たので
取りあえず駅に向かう事にする一行。
すると、いきなりイマジンに憑依される士。いきなりクライマックスな人キター!

・というかモモタロスはパラレル存在では無くオリジナルですか!?すげー!!
映画に繋がってるからウマい手だな……商業的に考えて。
などと変に穿った見かたをしては行けません。ここは童心に戻って「うひゃっほう!」しておきましょう。

・モモタロスは相変わらずの激情型思考で電王に変身し手近なイマジンぶっ倒したりして大暴れ。
電王への変身で例のBGM流れたのにはテンションあがりました。

・モモタロスに憑かれたまま何処かへ行こうとする士に
今必殺の、笑いのツボアタックが炸裂し、見事に分離成功。
すげぇ、流石夏海神拳。ラスボスもこの調子で倒していただきたい。

・再び士に憑依しようとしたモモタロスにオボロ防壁ならぬユウスケ防壁でガード。
ひゃっはあ!久しぶりに士さんの悪魔的所業が出たぜぇぇぇ!
さて、ユウスケの様子を見るとするかな。
うん?……うわ。モモタロス=ユウスケ似合わねぇ~。
そりゃ思わず夏ミカンも泣き崩れるわな!

・モモタロスをプリンで餌付けしつつ事情聴取。
なんと記憶喪失ですか。そのうちアギトに目覚めそうですねモモタロス。

・モモタロスと鉄腕バーディばりに一体化したユウスケは放って置いて(悪魔的所業2回目)
デンライナーに乗れる駅を探す士と夏ミカン。
が……!油断大敵……!不幸が去った直後こそ油断は命取り……!
そんな訳でめでたく、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスに順番に取り憑かれつ士くん。

・こちらのイマジン達も皆オリジナルキャスト。豪華ってレベルじゃねーぞ!
彼らによればディケイドの悪魔的所業によって過去が変えられ世界崩壊の危機とか。
あー、また鳴滝さんの入れ知恵っぽいですね。
鳴滝さん出番は無くともやる事はやっている様子。実に仕事熱心です。

・士から追い出されたのでイマジン3人組は夏ミカンに乗り換え。
イマジン達は強引に夏ミカンの中に……!
と、書くとエロく感じる。無論わかってて書きました。
夏海3変化は眼福。とくに和服姿がお姫さまっぽくていいね!
声はキンタロスですけどね!

・一方モモタロス=ユウスケは海東大樹改め、強盗大樹に絡まれてました。
大樹はデンライナーをよこせの一点張りで今回も小悪党的な行動が目立ちます。
これで強いからたち悪いな。

・強いと言えば相変わらずアックスフォームは強い。
ガンフォームも相変わらずで、射撃系のクセに接近戦主体でしたw
ガンフォームのガンはGUNでは無く「ガンガン行こうぜ」のガンと最近になって心で理解。

・ディケイドは前回までいた世界に敬意を表してアギトに変身。
たまにはファイズの事も思い出してあげて下さい……。

・今回も強盗行為に勤しむディエンドはサソードを召喚。
やっぱりカブト系はキャストオフ後の姿で出てくるのね。ちょっと残念ですね。

・イマジン大量発生で色々カオス。
なにげにゲルニュートさんも発生してます。
ホント米国版龍騎といいゲルニュート大好きだな東映!

・空気フォームことロッドフォームに出番があって良かった良かった!
しかしその陰でユウスケ・クウガが泣いていることを我々は忘れてはならない……。

・空気化していた鳴滝さんにも出番がありました。
でも何故か「ディケイドお前は破滅を呼ぶ」とか言いながら電王とディエンドの戦いを観戦。
今なら邪魔入りそうもないしディケイドの元へ行けばいいと思うのですが・・・やはりツンデレか。

・デンライナー登場。
オーナーを始め、中の人たちもみんなオリジナルキャストです。
順調に映画への布石ばら撒きまくりです。

・てんやわんやの状態で
ディエンドのFARを喰らいビルから面白アクションで落ちる
ソードフォームのショットで次回へ続く。

・あれ……?キバーラは?

--------------------------------------------------------

今回は電王のオリジナルキャスト登場と言う事で
突っ込みどころは少なかったのですが普通に面白かったですね。
そしてオーナーが「電王の世界」「ディケイドの世界」と言及したのにも注目。
他の世界の住人が各世界の危機を言及したのはこれが始めてではないだろうか?
今まで士達が旅してきたパラレル設定世界では無く
オリジナル世界の住人が出た事にどんな意味が隠されているのか、
目が離せなくなってきました。
世界の融合が近づくことでオリジナルの世界との繋がりが
出てきたという事も考えられますね。
電王の主役良太郎に該当する人物が電王の世界では出ていない事も気になります。



  





.

|

« 『アマガミ』オフィシャルコンプリートガイド | トップページ | 毎月のことながら »