« せっかくだから俺はぽっちゃりを選ぶぜ! | トップページ | 平成仮面ライダーOPを復習 »

仮面ライダーディケイド 第7話「超トリックの真犯人」 感想

回が進むにつれ長文になって行っているので
自重して出来るだけ簡潔に書いていきたいディケイド第7話の感想です。

※ネタバレあり、下のリンクをクリックで続きが開きます

--------------------------------------------------------------------

・初っ端から張り切ってナイトに止めを刺そうとするディケイド、今回も悪魔の貫禄十分です。


・龍騎が間に入って止めるのかと思いきや「止めは自分が刺す」と言うような事を言い出す始末。
こんなシンちゃんだったら龍騎のループ世界を止める要素にはなりえ無かったでしょうね。


・アビスの乱入でミラーワールドから放り出されるディケイド、龍騎、ナイト。
「あいつ強すぎる」と珍しく弱気な士くん。悪魔がそんな弱音を吐くのは頂けません。
それにしてもアビスのストライクベントは広範囲攻撃も可能な様子。使い勝手が抜群ですな。


・シンジはレンへの疑いを強くし、問い詰めますが、レンは何も語らず立ち去ってしまいます。
この思わせぶりな態度……、何か深い理由がありそうだ。
そう思っていた時期が俺にもありました。


・前回出てきた地鶏はダッチオーブンでコンガリ焼かれてしまいました。
幾人かはドン引きしてましたが美味そうです。


・前回出番の無かった鳴滝オジサン登場。何処と無く嬉しそうに見えます。
その鳴滝さんは夏海に「悪魔の元から離れて味方になればシャバに出られる」
という事を臭わせつつ懐柔しようとします。
が、士クンは悪魔じゃないし、ユウスケも居るとの理由で、夏ミカンは拒否。
ユウスケのくだりは同意ですが、
士くんは今までの行動からスデに悪魔であること明白です。


・直後に夏ミカン、弁護士との接見。遂にスーパー弁護士登場!
という驚きの展開では無く、普通に士くんが着ました。


・レンが真犯人の可能性高いからライダーバトルの一時差し止めを要求するシンジ&弁護士。
同席した副編集長もコレに同意します。
しかしここでユウスケから「意義あり!」が。
主人公的発言でレンが犯人だとは思えないと言います。


・それに怒ったシンジは退室。
「夏ミカンが無実で臭い飯を食う羽目になるんだぞ」
みたいな事を言っていましたが、私怨でレンを犯人にしたいだけのように見えます。
本家真司とは別人とは言え、龍騎となる人がコレでは唯ちゃんも草葉の影で泣いていることでしょう。


・唐突に現れたオーディン。それに戦いを挑むナイト。
オーディン様は世界が変わってもコレが俺のスタイルだとばかりに相変わらず腕組みして戦ってます。


・チートぶりの片鱗を見せつつも何故か棒立ちでナイトの飛翔斬を喰らってやられるオーディン様。
ちょ、オーディン様、貴方、今回何しに来たのですか?!
原作でも2度ナイトに倒されてるので原作リスペクトオッケー!とも言えるのですが
不意を付かれた訳でもなく、神崎士郎の意志を受けて消滅でもなく、棒立ちでやられる意味がワカリマセン。
(※ちなみに原作龍騎でオーディンは不滅の存在なので何度でも復活可能という反則設定でした)


・オーディンを倒してナイトは「タイムベント」ゲットー!
レンは最初からこれで過去に戻り、編集長が事件当日レンを呼び出した訳と、真犯人を突き止める腹だったようです。
……って、「タイムベント」有ルールなのかよ!!!
前回「タイムベント」反則ぶりをチョット書きましたが、
それ故にこの世界では「タイムベント」は無いものかと思ってましたよ!
「タイムベント」使えればどんな事件でも真犯人分かるじゃん!!
それどころか事件そのものを防げますけど!!

ライダー裁判制度を根底から覆す衝撃の事実。


・レンの真意を知ったシンジは自分が代わりにと、タイムベント発動。
時間が巻き戻り、士とシンジが事件直前の編集長室へ出現。


・さあ密室トリックの全貌を見せてもらおうか!!
……
…………
殺害方法は、実は副編集長の謎の力だったんだよー!
な、なんだってー(AA略

……そうこれは仮面ライダーですね。当然分かってましたよ?
サスペンス的な展開や凝ったトリックに期待なんか最初からしてません。してません。本当にしてません。


・ついでにレンがATASHIジャンーナルを辞めた理由も判明!
……
…………
編集長に勧められたからだったんだよ!
な、なんだ(ry

今回、脚本の人はムッコロされても文句は言えないと思う。
その位、移籍して少し落ち着いた頃に言っておけばいいだろ!思わせぶりな演出イクナイ!
でも……
悔しい!なんかネタが増えて楽しい展開とか思っちゃう!ビックビク!(病気だな


・何故か巻き戻った世界に来ている副編集長、
このあたり「タイムベント」の設定もかなりいい加減ですが、いまさら小さいことです。


・犯行がバレた副編集長はアビスに変身、ディケイド&龍騎と対峙します。
アビスの煽り文句に士もシンジも良い事言って返しますが、
「今までの2人の言動から素直に共感できない」ベントが発動。


・アビスのファイナルベントがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
アビスラッシャーとアビスハンマーが合体して一匹の巨大なモンスターに!
……ん?それだけ?
ファイナルベントと言うよりユナイトベントっぽいでですね。


・ファイナルベントと言えば、今回も幻と言われたオーディンのFV「エターナルカオス」は映像化されず。
期待してたんですが、こうなるともはや映像化は不可能なのか……。


・龍騎がドラグレッダーにいいいい!
変形がムチャすぎる。だがトランスフォーマーばりでカコイイ!


・そしてディケイドがドラゴンライダーキックを放つ燃える展開!
まさかこう来るとは思いませんでした。
今回脚本の酷い面が目立ちましたがコレで帳消ししてもイイです。
やっぱりこの技は見栄えがするし格好イイですなぁ。
その一方、出番の無い本物のドラグレッダー涙目。


・ドラゴンライダーキック喰らって死んだかと思われてた副編集長、どっこい生きてます。
そして滴る蛍光色の血。
副編集長の招待はアンデットだったんだよ!!!
な、なんだ(ry
なんと龍騎世界にブレイド世界のアンデットが。
ついに物語が動き出した感じがしますね。


・時が巻き戻った世界でローストチキンになる前に地鶏を逃がす士くん。
その温情を、罪の無いファンガイアにもかけて欲しかったです。

・次回はブレイドの世界。
カードバトル2連発ですね。
だが最大の注目点は滑舌である事は言うまでもない事です。

--------------------------------------------------------------------

いやぁ、今回もツッコミどころ満載でしたね。
だが、突っ込まなければ負けかなと思っている。
それが段々楽しくなってきましたよ。もうこのまま突き進んでください。

所で今回も出番なかった王蛇さん。
今頃イライラしながら刑務所の壁に頭打ちつけていることでしょう。
河原が出てきたんで、
画面の隅でヤモリでも焼いて喰ってる浅倉さんが写るかと一瞬期待したのに。悔しい!






 



.

|

« せっかくだから俺はぽっちゃりを選ぶぜ! | トップページ | 平成仮面ライダーOPを復習 »