« トロステウォッチャー 今更12月号-1 | トップページ | 個人的好みで綴る、2008シネマ短評 後編 »

個人的好みで書き綴る、2008年シネマ短評 前編

去年も映画会社に進んで搾取されてきたお!


そこで『管理員の見た2008年映画、気侭に短評』のコーナーを唐突に開催いたします。

・評価作品は2008年公開映画に限ります。
・2008年に公開されたものであればDVD・BDで視聴したものも含みます。
・5段階評価(☆・◎・○・△・×)
  ☆=神、いわゆるゴッドまたはゴッデス
  ◎=素晴らしい、楽しい作品。こいつはたまらんよだれズビ!つ~感じかよ~!
  ○=良作。まあ悪くないよね?
  △=ふつ~。悪くも無く良くも無い。凡作、または佳作。
  ×=駄作。……あwせdrftgyふじこlp。金をドブ状態。
・趣味を全面に出した個人的意見です。ご了承ください。気に入らなくても石とか投げないでね。
・BBSや拍手コメのネタにもどうぞ。




-------------------------------------------------------------


【気侭にシネマ短評2008】 ※ネタバレあり注意



『ジャンパー』 評価△
瞬間移動能力者=ジャンパーの話。
リアル「サブウェポン・ゼロシフトを獲得しました」状態である(が、訓練された一般人にはいいようにやられる)
その映像は一見の価値はあるがシナリオが稚拙すぎる。
つーか、主人公に感情移入出来ないのが痛い。主人公の行動自体も実に痛いw
むしろジャンパー達を抹殺しようとする組織の方が真っ当に見えてしまうのはマズイのでは?
抑えの効かないバカが能力を手に入れると大変キケンなことを教えてくれる映画です。
後にBDにてコメンタリーを見たのですが、
まず続編ありきで作品を作っちゃってる事が発覚。次回作の為にアイデアを出し惜しみするほどの内容か!その結果がご覧の有様だよ!
散々文句を言いましたが瞬間移動の演出は実に良く出来てました。
始から不条理ギャグアクションとして見れば中々イイかも。



『バンテージ・ポイント』 評価◎
スペインで起こった米大統領狙撃事件を同時刻8人の視点を通して明かしていくアクションサスペンス。
上記のジャンパーと違い脚本が実に良く出来ており、
見終わった後、満足感と同時によくぞ作りこんだと一種の感動さえありましたね。
視聴者は一つの視点を通して僅かに事件の真相に迫ったる、と思うと、時間が戻り他の視点からまた更に深層に近づいてゆく。この畳み掛ける展開で息を付かせず物語に没頭できます。
90分という上映時間もちょうど長くも短くも無くちょうど良いのではないでしょうか。
この手の多視点から一つの事柄に迫る映画やゲームは結構ありますが、その中でも良く出来た部類かと。
オススメ。



『ナルニア国物語/第2章カスピアン王子の角笛』 評価△
何故これを見に行ったのか・・・たぶん前作をDVD見たので惰性で行ったのだと思います。
ところでこの作品全体に漂う嘘っぽい雰囲気は何なのか?
考えて見た所やはり主人公のお子様’sと背景がまんま現実の大自然なのが原因だとの結論に達しました。
主人公達頑張っているのだが如何せん見た目はお子様 頭脳は大人江戸川コナン探偵さ!なので
お遊戯会でも見に行っている気分にさせてくれるし、かの名作ロードオブ~では雄大な大自然の中にありえない建造物や超自然を上手く融合させるという手法を使っていましたが、ナルニアではそれを行なっておらず、どこかの森で大掛かりな演劇会でも開いてるんじゃないかと思ってしまうのでした。
ちなみにそのお子様主人公達が大人達をブチ殺す様はなかなかシュールなものがあり、画面上の嘘っぽさに磨きをかけます。
おそらく原作を読んでいたらまた違った感想になるんでしょうが、原作未読の私の感想はご覧の有様だよ!!
ただ話の筋自体は原作付きと言う事もあり王道ですがシッカリしてます。
つまり見せ方の問題。せっかくの良い素材なのに台無しにした感じでしょうか。
演出を含めて監督脚本を変えてもう一度作り直したら意外と面白いものが出来るような気がしますね。



『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 評価○
あのインディージョーンズ・シリーズ19年目の復活。うひゃっほう!
当シリーズが大好きな管理人はテンション上がりつつ見に行きました。
結果は……おっおっお、これは評価し辛いw
私は結構好きですよ・・・うん。という微妙な心境になりましたね。
所でオチがトンデモでひどい、という評価もあるようですが、
思い返して見てください過去のインディーでオチがトンデモじゃなかった事がありましたか?
いや無い!全てトンデモオチだったんだよ!な、なんだ(ry
たぶん微妙に思えた原因は悪役の魅力不足。というよりも他の主演キャラへ力を入れすぎて悪役まで掘り下げられなかったのが原因じゃないかと。
主役陣営にインディーの息子、更にその母親でインディーのモトカノ(しかもレイダースのヒロイン!)なんてのが出てしまえば物語の主観も分散してしまうのも無理ならぬこと。
過去のシリーズのファンとしてはマリオン再登場なんて嬉しい事この上ないんですが、
そういった面では物語的にはマイナス面もあったんじゃにですかね。ファンサービスの思わぬ弊害。
んな訳で今回の悪役は「ソ連の女将校で超能力者」という美味しい設定であったにも係らず全く生かされず割を食った感じです。これはご愁傷様としか言いようが無いっ。
この悪役を生かしきれなかったためオチのカタストロフ感もgdgdでトンデモだけが印象に残ってしまったんじゃ無いでしょうか?
むしろ今作ではマリオンには名前だけ出演で我慢してもらいインディーと女将校との絡みに多く時間を割いたほうが最後がしっくりした気がします。
と、まあ不満もありましたが、ファンとしてニヤリとできる要素も満載で
インディーの姿を再び見れたのは純粋に嬉しかったです。求む更なる続編。



『ダークナイト』 評価☆
この映画を作ったのは誰だー!
それはクリストファー・ノーランです!よくやった!よ~しよしよしよしよし!!
おそらく過去のバットマンシリーズから見ても最高傑作なのに間違いないでしょう。
世界観、脚本、演出、役者、音楽どれをとっても高レベルにまとまっていて、もはや芸術作品の域に達してるんじゃないかと思えるほど。
またバットマン映画としても最高ですがヒース・レンジャー演じるジョーカーが素晴らしく、美しきクライムアクションとしても楽しめます。
もうベタ褒めです。だが後悔は無い。
あとは多くは語りません。是非一度は見て欲しい今年度最高作品です。
またここは是非BDで見て欲しい所。
ところで世間の評価も当然高いようですが、劇場に足を運んだ人は思ったより多くなかったそうです。
CMが良くなかったのかなぁ。



『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』 評価○
若干インディーと内容が被ってますが、ワクワクしつつ見に行ったインディーと違い
此方は期待値ゼロで行ってきました。だがしかし、それが幸いしたのか思った以上に楽しめました。
インディーの息子と違いリックの息子は勉強して立派に成長してましたw
まあ此方の親子も関係はギクシャクしてますが。
そんな親子間の微妙な空気を主軸で見せながらも、
ノリは何時ものハムナプトラで何時ものパターン。基本何も考えず楽しむことが出来ます。
まあ変に重い話などこのシリーズに持ってこられてもしょーも無い事にな間違いなく、その辺りは製作側もよく分かって作っている様子。
悪役もジェット・リーということで存在感抜群。勿論お約束ジェット・リーアクションを披露してくれます。
じっくり楽しむ作品ではありませんがファミリーで軽い気持ちで楽しめる作品。



-------------------------------------------------------------



なんか思いのほか長くなってしまったので続きは後半の記事にて。







.

|

« トロステウォッチャー 今更12月号-1 | トップページ | 個人的好みで綴る、2008シネマ短評 後編 »